米国公認会計士について

米国公認会計士の仕事内容

米国公認会計士の仕事内容は、基本的には日本の公認会計士と同じです。
企業の監査業務、財務諸表の作成、経営・財務などの調査、相談を受け付けます。
日本の公認会計士との違いは、国際税務、国際ビジネスコンサル業務などの仕事ができるという点です。
こうした仕事は近年になって外資系企業が日本国内に参入してきたため、国際基準が日本国内に導入されたからです。
国際会計基準は、アメリカを基準に作られているため、米国公認会計士を持っていると国際会計基準に対応できるようになります。
日本国内の基準に対応した日本の公認会計士では対応できなくなっているため、資格取得を目指す人が増えています。
また外資系企業の中核メンバーとして働くことも可能です。

Copyright(c) 米国公認会計士 All Rights Reserved.