米国公認会計士について

米国公認会計士の実態

米国公認会計士の実態は、まずアメリカで就職する場合は別として、日本国内では独占資格ではありません。
日本の公認会計士は独占資格で、監査業務という公認会計士にしかできない独占業務が存在しますが、米国公認会計士はそうではありません。
次に独占業務がないということは、資格取得したからと言って必ず就ける仕事があるわけではありません。
要するに、資格取得したことが確実に就職につながるのではないという点を注意しましょう。
日本国内限定の公認会計士より、仕事の幅が多少広がるくらいに考えましょう。
そして最後に、資格試験取得の難易度はそれなりに高く、その上費用がかかります。
日本国内で受験できなくもありませんが、手続きが煩雑となります。

Copyright(c) 米国公認会計士 All Rights Reserved.