米国公認会計士について

米国公認会計士の忙しさ

米国公認会計士の忙しさは、所属する企業によって多少違いますが、共通しているのは4月中は繁忙期の真っ只中だという点です。
まず4月の2週目後半から3月の決算が始まるためで、決算監査の仕事が始まります。
これは企業全体の7割から8割に共通しており、所属する米国公認会計士が忙しくなるのです。
加えて4月は4半期開示が始まるため、更に忙しくなってしまいます。
企業によっては繁忙期をずらそうと前倒しで3月から忙しくなる場合もあります。
よって3月後半から4月にかけて、全体的に忙しいと考えましょう。
勤務する地区や勤続年数、担当している業務、企業ごとに多少繁忙期はずれますが、4月前後が忙しいという点はすべて共通となっています。
その他の時期は普通に忙しいという程度です。

Copyright(c) 米国公認会計士 All Rights Reserved.