米国公認会計士について

米国公認会計士の受験資格

米国公認会計士の受験資格は、受験する州によって微妙に違うため、事前にどの州の米国公認会計士を受験するのか決めておかないといけません。
受験資格は学位条件、単位条件の2つです。
学位条件とは、4年制大学の学位(学士号)を取得していること、州によっては短期大学の学位でもよいことになっています。
単位条件とは、卒業した大学、短大で会計単位、ビジネス単位を一定数以上取得していることが条件です。
州によって必要な単位数、総単位数を指定している場合があるため、こちらも事前に調べておきましょう。
もし不足している場合は、提携校の単位認定試験プログラムを受ければ、追加取得可能です。
またあくまでアメリカの資格であるため、日本での会計士資格は特に必要ではありません。

Copyright(c) 米国公認会計士 All Rights Reserved.